« 閲覧嗜好 | トップページ | 軍手おばさん »

ティータイム講座・1

紅茶が好きなので、講座を開きます。

今日はゴールデンルールについて。
紅茶を入れる際に、ゴールデンルールというものがあるのをご存知ですか?
これはおいしい紅茶を入れるために欠かせないものといわれています。
具体的には、
1.良質の茶葉を用いる
2.ポットはあらかじめ暖めておく
3.茶葉の量は正確に
4.沸かしたての沸騰したお湯をつかう
5.しっかり蒸らす
の5つを言います。(ほかにもいろいろな説がありますが、一般的?な上記のもので説明します)

1は当然ですね。質の悪い葉では質の悪い紅茶しかできません。
ポットを暖めておくのは、紅茶を入れる際の適温に関係があります。紅茶を入れる適温は約98℃。ポットが冷えていると、お湯を入れた際に温度が下がってしまいます。たとえ沸騰した100度のお湯を入れても、98度よりもだいぶ下がります。
茶葉の量は、そんなに気にしなくてもいいです。人数分、ティースプーン(コーヒースプーンじゃないですよ。それより少し大きいやつです)で入れるのがベスト。渋いのが好きな人は多めに。よく「ポットのための一杯」と言いますが、これをやると渋めになります。一杯分多く入れるわけですね。
お湯は当然沸騰したものを。理由は上記を読めばわかりますが、紅茶の適温が98℃だからです。ポットを暖めても、多少温度が下がります。入れたときちょうど良くなるように100℃のお湯を使うのです。使う水は何でもいいですが、軟水が紅茶にはいいです。日本の水道水は軟水な上、酸素を十分含むので最適です。いやな人は軟水のミネラルウォーターをよく振って十分酸素を取り込んでから沸かしてください。
しっかり蒸らすのは、浸出をよくするため。このとき、ポットの中では湯中の空気が対流を起こし、茶葉が舞っています。これをジャンピングと呼び、ジャンピングが良いほどいい紅茶ができます。

これらは「絶対」のものではないですが、覚えておくと役に立ちます。ティーバッグでも同じ方法でできます。1はいいとして、3は人数分のバッグを入れて、お湯を注ぐと簡単においしい紅茶ができます。

次回は、紅茶の蒸らし時間について。

|

« 閲覧嗜好 | トップページ | 軍手おばさん »

講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/77016/6329947

この記事へのトラックバック一覧です: ティータイム講座・1:

» アルピナ水 [アルピナ水]
こんにちは。始めまして(^^)私もブログやっていまして、ちょうど関連の話題だったのでTBしました。私のは、はじめたばかりで、まだまだですが(^^;)私のブログの記事に紹介させて頂きました☆よければ私のブログにもTBもよろしくお願いします♪ [続きを読む]

受信: 2007年5月 7日 (月) 14時01分

» 紅茶コーディネーター資格とは? [自動車保険等級を知ろう]
紅茶コーディネーターは、レストランや紅茶専門店、ホテルのティールームなど各方面 で優雅なティータイムを演出できるスペシャリストです。ワインのソムリエのように、お菓子や料理に合った紅茶をアドバイスしたり、紅茶専門店で茶葉の選び方や美味しい入れ方を指導したりと、紅茶コーディネーターの活躍の場は多彩です。その他にも、喫茶店を経営されている方や紅茶教室の講師として活躍したい方など、「紅茶コーディネーター」の技能は様々なシーンで役立ちます。... [続きを読む]

受信: 2007年5月14日 (月) 21時26分

« 閲覧嗜好 | トップページ | 軍手おばさん »